So-net無料ブログ作成

披露宴

披露宴で新郎新婦の個性をアピールできるポイントをつくると、招待客は盛り上がります。

注意点としては、新郎新婦若しくは親しい友人しか分からないようなエピソードは失礼にあたるので、いくらおもしろエピソードでも避けるようにしましょう。

披露宴の始まりから終わりまで、いろんな演出をしてしまうと、招待客も飽き飽きしてしまうので、要所要所に2つか多くても3つくらいまでにしましょう。

盛り上がるからといって、演出に凝りすぎると、何のための披露宴か分からなくなってしまうので気をつけましょう。

おすすめの演出としては、予め招待客一人一人に対する短い感謝の手紙を準備しておいて、披露宴の各席に置いておくというものです。

必ず、コメントは新郎新婦の両方からのものにしましょう。

感謝の言葉とともに、ちゃっとした思い出なども加えると、招待客の感動を誘います。

お金をかけた派手な演出より、地味だけど心がこもった手紙を渡されるほうが、間違いなく嬉しいものです。何はともあれ、いろんな演出を2人で考えているだけでもワクワクしますね♪






・記事抜擢

こんな注意点があったとは・・・

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。